高血圧対策はバランスが大切

病院で血圧を下げるお薬をすすめられましたが抵抗があり服用していない私は、高血圧対策としてまず毎日の食事には玉ねぎ・トマト・生姜・ごぼうなどの高血圧に効果的と言われている食材をなるべくレシピに取り入れるようにしています。
どか食いをしないように野菜からゆっくり、よく噛みながら。
運動では最初ゆっくり歩きで体を慣らした後、3分速歩して普通速度で3分歩き、これを繰り返しながら30分運動するようにしています。
寒い時期の入浴は温度差による血管の極端な収縮を避けるため、お風呂場と脱衣所の室温が同じくらいになるように予め温めてから入浴するようにしています。
お水の摂り方にも気をつけるようにしていて、朝一番は一番血液がドロドロしていますので起床したらまず常温のお水をゆっくり飲むことを心がけています。その時に疲労回復効果も感じたいときは、黒酢玉ねぎサプリメントを摂取するようにしています。
入浴前と入浴後にも常温のお水を飲むようにしています。
キッチンや職場などで長時間立ちっぱなしの姿勢の時は、気がつく度に手は心臓より上でぶらぶらさせたり、足踏みをしたりしてなるべく血液の滞りを和らげるように意識しています。
座っている時も一時間に一度は立ち上がって軽く体を動かすようにしています。
一日に朝昼晩の3回血圧測定をし記録することで体の変化にもすぐ気付けますし後からデータとしても役立つので続けています。
ストレスも血圧に影響してしまうので、どうにもならないことをあまり根詰めて考えないように「なんとかなるさ」を合言葉にしています。
意識してたまに深呼吸をするだけでもリラックスできますし体にも良いそうです。
意識的に深呼吸をするようになってからというもの、ため息をつかなくなりました。
慣れてくるとため息をつきたくなるようなことに直面しても反射的に深呼吸をするようになるからです。
可能な日は30分お昼寝します。
どれもちょっとしたことなのですが、血圧の数値にちゃんと反映されているので効果を感じています。

運動と食事の見直しで危険な状況を脱出

20代の後半から若干血圧が高めになっていたのですが、そのころはあまり対策は考えておりませんでした。
しかし近年体調が悪くなったので測ってみたところ、危険な数値にまで上がっていたので急遽病院に行き、早急な血圧の改善をすることになったのです。
まずやらなければいけなかったのは「ダイエット」です。
体調を崩した時は身長は170cmで体重が90kgにもなっており、完全な肥満体型になっていたのです。
ちょうどその頃、ロードバイクに乗り始めていたのでこれを利用しようと考えました。
自転車は脂肪燃焼しやすい有酸素運動になるため、筋トレで筋肉を減らさないようにしつつ、有酸素運動を取り入れるようにしたのです。
約1時間を週5~6日続けるようにするのですが、できるだけ呼吸が荒くならないようにして短時間で高強度な運動にしないように気を付けました。
そしてもうひとつ、こちらも定番ではありますが肝臓や腸の消化に優しい食事の見直しを行いました。
特に昼食と夕食の食事内容が高カロリーで炭水化物も多かったため炭水化物の総量を減らし、消化に優しくお通じとして排出されやすい野菜とタンパク質を多めの食生活に変え、さらに塩分も抑えるためにドレッシングや醤油も使う量を半分以下になるようにしたのです。
他にも腸内細菌を増やす為の腸内フローラサプリメントもお勧めです。ランキング形式でも紹介されているのでぜひチェックしてみて下さい。
もちろん処方された降圧剤も飲んでいますが、対策として意識的に行っている事はこの「ダイエット」と「食事の見直し」の2点だけになります。
後は仕事でのストレスを溜めないように気をつけていますが、こればかりは状況によりけりなので運動で解消するようにしています。
この対策を始めて2年程経過していますが、現在では体重も減らすことに成功し血圧も基準を若干越える程度まで下がっております。